英語を学ぶ前に大事なこと(心構え編)


「勉強は楽して出来る」は勘違い

英語学習以外にも言えることですが、楽して勉強が出来るようになったり、楽して成績が急上昇したりすることはありません。

 

勉強しているけど英語が出来るようにならない・・。英会話スクール行ってるけど、話せるようにならない・・。などと伸び悩む事があると思います。

 

自分も伸び悩んだ時期があって、原因を考えて見ました。その結果「現状で満足している」ことに気が付きました。

 

勉強は一生懸命頑張っているけれど、これくらいやれば十分でしょ・・。という甘えが伸び悩んでいる原因だと言えるでしょう。

 

結果出せる人は努力量が違う

結果が出ないと、人や環境のせいにしたい気持ちが芽生えてきます。

 

しかし、人や環境のせいにしたところで結果が良くなる訳ではなくありません。

 

これも実体験ですが、勉強が苦手だった学生の頃は「学校の先生の教え方が悪い」「塾に行かせて貰えないから勉強出来ない」と甘えた考えをしていました。

 

学校の先生の教え方が下手でも塾に行ってなくても成績良い人は居ます。

 

勉強が苦手な人は周りのせいにして勉強を怠っているけど、勉強できる人は周りのせいにしないで努力していることに気付きました。

 

自分を変えれるのは自分だけ

結果が出ないのは「甘え」があるからだと思います。

 

その「甘え」を捨てる事が出来て、努力をしてけば結果がついてきます。

 

自分の体験ですが、英検準1級を取るために勉強していた時は、毎朝5時前には起きて仕事する前に2時間くらい勉強していました。

 

そして、バスや地下鉄などの隙間時間に単語を覚えてました。

 

早起き苦手です。隙間時間はゆっくりしていたいです。という人もいますが、それは完璧に甘えです。

 

僕も最初から5時に起きれた訳ではありません。最初は6時30分に起きれるように頑張って、徐々に起きる時間を早くしていきました。

 

以上のことから、甘えがある状態では結果が出ないことがわかると思います。

 

30代おっさんが英検1級取得するまでの道
英検1級ブログ【個別指導学院ウィズダム】
eiken-blog.com


〒004-0845
札幌市清田区清田5条3丁目10-17 佐々木アパート101
TEL:011-802-5935