オススメ英検1級長文対策本


長文問題で点数が安定しない人向け

現在、英検1級の長文対策として使っている参考書が「英文誤読の真相88」です。

 

英文誤読の真相88は、文法をあやふやにしないで精読出来ていますか?と投げかけてくる参考書です。

 

この参考書の中に出てくる文章は骨のある文章ばかりで、しっかり理解しようとしないと解けない問題ばかりです。

 

The first people depended  (                     ) food on what they could gather.

 

この空所には何が入りますか? 

 

大体の人は depend on と反射的に考えてしまい空所には on が入るだろうと考えると思いますが、答えは for が正解です。

 

深く考えずに反射的に当てはめてしまうのは、文章を理解しようとしない証拠です。という厳しいコメントも載っています。

 

今の英語教育(会話重視)に疑問を持っている人にはかなりオススメです。

 

文章の読み方をしっかり身につけたい人向け

精読して理解は出来るけど、点数が安定しない人には「英語リーディングの極意10の原則で読み解く」がオススメです。

 

英語の文章には形があります。

 

①主張→理由

②主張→説明

③主張→具体例

④抽象的→具体的

⑤大雑把→詳しい説明

 

以上が主な英文の形です。

 

その他にもディスコースマーカーも載っています。ディスコースマーカーとは文の流れや構造、文と文との論理関係を表す語句や単語の事を指します。

 

ディスコースマーカーを理解する事が出来るようになれば、筆者の主張がどこに書かれているのか?をいち早く掴む事が出来るようになります。

 

英検の長文を全部精読するのは時間的に厳しいので、このディスコースマーカーを理解する事で長文問題で安定して点数を取ることが可能になると思います。

 

 

他にも長文対策の本がありますが、まだ手をつけていない本もあるので、勉強してみてオススメ出来そうなら随時更新したいと思います。

30代おっさんが英検1級取得するまでの道
英検1級ブログ【個別指導学院ウィズダム】
eiken-blog.com


〒004-0845
札幌市清田区清田5条3丁目10-17 佐々木アパート101
TEL:011-802-5935