英検1級オススメ長文対策本


長文読解に必要な要素

長文を読む時に必要なのは「語彙力」「文法」が大事になってきます。

語彙力が足りなくて、全然読めない・・。と言う人は、オススメの単語帳を紹介した記事があるので、そちらも参考にしてみてください。

 

英検1級オススメ単語帳

 

単語はわかるけど、正確に読めない・・。と言う人は文法があやふやになっている可能性があるので、文法の復習をしましょう。

英検の長文に出てくる文法は「分詞」「関係代名詞」「不定詞」が多く出てきます。

分詞って?関係代名詞って何?と思った人は文法を固めることからオススメします。

 

文法のオススメの本は別の記事にも書きますが、「be」や「ZESTAR」や「INSPIRE」あたりがオススメです。

 

それでも長文で点数が取れない人へ

語彙力・文法の勉強をしているのにも関わらず、長文読解で点数が安定しない人は、長文の読み方を理解していない可能性があります。

そんな人には「ディスコースマーカー英文読解」や「英語リーディングの極意ー10の原則で読み解くー」などの参考書がオススメです。

このディスコースマーカーとは「話の展開を示す言葉」と解釈しても良いでしょう。

このディスコースマーカーが出てきた後に、どんなことが書かれているのかを把握することが出来ます。

ブログで全部書くことはできませんが、ディスコースマーカーには以下の意味が含まれています。

「逆接」「対比」「例示」

「結果」「言い換え」「追加」

「事実」「筆者の心情」

具体的な英単語が知りたい場合は、ディスコースマーカーで調べれば出てくるので、気になる人は自分で調べてみてください。

あるいは、上記で紹介した本を手に取ってみるのも有りだと思います。

 

実際に、今まで英検の勉強をしていて、どうしてこの段落のこの文がキーセンテンスになるのか?を理解出来ませんでしたが、この参考書を読んでいくことで納得できるようになり、精読する力が身についたと感じています。

 

今まで、英検1級の空所補充問題では、良くても4/6だったのが、安定して4問以上取れるようになりました。内容一致問題も集中力が続けば、6点くらいは安定して取れるようになりました。

英単語や文法を勉強しても中々長文の点数が伸びない人は、ディスコースマーカーの知識が抜けている可能性があるので、参考にしてみてください。

 

英検1級長文オススメ問題集

単語・文法・ディスコースマーカーの知識を入れることが出来たら、あとは実戦問題で練習していくだけです。

いきなり実戦問題はハードルが高いと言う人には、「分野別ターゲット英検1級長文読解問題120」から始めることをオススメします。

この問題集を使って感じたことは、英検1級の過去問や本番レベルの長文を読めるようにするための問題集だと思いました。

最初は短めの長文から始まりますが、最後の方は本番同様レベルの問題や模擬試験も載っているので、これから英検1級の勉強を始めると言う人にはオススメの問題集です。

 

分野別ターゲットである程度の土台が出来たら、「英検1級過去6回全問題集」や「7日間完成英検1級予想問題ドリル」を使って問題慣れしていきましょう。

英検1級長文対策 番外編

英検1級の長文対策として、「NATIONAL GEOGRAPHIC」「Psychology  Today」などの雑誌を読むのもオススメしています。

英検1級の長文内容は、学術的な内容が多いので、英語の勉強だけしていても読めない・・と言う可能性も出てきます。

このような雑誌を読むことで、背景知識を得ることが出来ます。

過去に英検1級を受験したときに、長文問題で「ユヴァル・ノア・ハラリ」が出てきました。英検を受ける前に「ホモ・デウス」を読んでいたおかげで、長文問題を1題完答することが出来ました。

 

以上のことから、英語でも日本語でも良いので、様々な背景知識を身につけることは英検1級の対策になります。

英検1級の問題を解いていて感じたことは、英語自体も難しいですが、取り扱う内容も難しいので、日頃から学術的な内容に触れておくのが良い。と感じました。

30代おっさんが英検1級取得するまでの道
英検1級ブログ【個別指導学院ウィズダム】
eiken-blog.com


〒004-0845
札幌市清田区清田5条3丁目10-17 佐々木アパート101
TEL:011-802-5935